こころが傷ついた時

こんにちは!城山ひかるです。

人間関係で、人に何か言われて傷ついたな!って思った時、

やられてしまった被害者意識をもってしまいますね。

あなたのせいで!あなたにやられた!ずっとここから離れられず。

こんな風に思ってしまうことで自分はとても可哀そうな人と自己主張してしまう。

相手に被害者意識を持ち、これが好きな異性だった場合

愛されなかったことから、被害者である自分を救うために相手を悪者にして

しがみついてしまう。いつの間にか、変な依存をうみ、ずっとこのことを考えてしまう。

こんな事、思っていても、幸せになれるわけがないですよね。

これは一種の罠であり、この罠から抜け出す方法は?

それはね。

他人に振り回されず自分をしっかり持ち、自分で立つことなんです。

人のせいにすることで自分が救われている。それってなんの解決にもならず、

幸せの方向に向いていかないよね。

過去の古い傷は相手に傷つけられたのでなく、じぶんで自分の心の中をチクチクやり続けているだけ。

それに気づき、だれのせいでもないと思えた時、しあわせに向かっていける。

前にむかう。向かおう(^^)/