マインドフルネス1

こんにちは 城山ひかるです。

今日の関東は久しぶりに、太陽が出て気持ち良いですね~
(^^)/

今日はマインドフルネスについて書きたいと思います。
マインドフルネスとはなにか?

ブッタの教えた「八生道」のうちの「正念」なのです。
八生道とは?

☆正見(正しく見る)
☆正思(正しく考える)
☆正語(正しく話す)
☆正業(正しく行動する)
☆正命(正しく生活をする)
☆正念(正しく意識する)マインドフルネス
☆正精進(正しく努力をする)
☆正定(正しく心を整える)

この8つの全てのなかでひとつでも実践すればほかの7つが
おのずと動き始めるとブッタにより語られました。

現代人はみんな疲れています。
雑念がいっぱいの中、暇のあるときもスマホを見て目を
使い、脳を休ませる時間もありません。

何をしても別の事が気になってしまいます。
その状態を「マインドワンダリング」といいます。
脳がさまよっているのです。

脳をやすませるには?

ただ目の前に集中するだけなのです。
ここで大切なのは、集中できないことで自分を責めないことなのです。瞑想といっても座って集中するだけでなく、歩いていても、立っていても、食べていてもできるのです。集中してみるだけなのです。

雑念が湧いてきてもそのまま受け止めてよいし、
眠くなってきたら
寝てもかまいません。
疲れている自分をいたわってあげてください。

せめてしますうと苦しくなって、続けられません。
それより、続けることが大切です。

今日はざっと説明致しましたが、
実際に何をやるのか実践は、次回にお話ししますね。

前の記事

神田明神