対人関係のストレス

こんにちは!城山ひかるです。

ストレスのほとんどが対人関係。人間関係の悩みです。

それを活力に変える思考には、なにが必要だと思いますか?

何をやってもうまくいかない。すぐに嫉妬してしまう。自分の意見をはっきり言えない。人付き合いが苦手。他人の目がきになる。等。。

これは、だれに言われたのでなく自分が思っていること。自分が考えていること。

どうしてもネガティブに考えてしまう私は最悪( ;∀;) なんて思わないで~~~

なかなかポジティブになれないし世の中は明るい人の方が、みんなに好まれるから、無理に明るくしないと。なんて思わない。

自分にポジティブって言葉のシャワーかけすぎてないですか~?

ポジティブになれないから自分が嫌になり、ますます負の感情になっていく。

こう考えていくのでなくて、対人により身近な人間関係から受けるストレスを減らし、対人関係から得る力を増していく。

つまり、対人関係により自己を肯定し、喜びを得る事もできるのです。

無理をせず、自分の感情を大切にし、良い関係性をはぐぐむのです。

人に合わせていつも相手がどう思ってるのか顔色をみたり

嫌われないかな?

を気にするのでなく、自分が自分らしく、今のままの自分を認めて、自己肯定感を育む事に目を向けるのです。

自分を認める事の大切さ

何より大切なことは、今の自分「それでいい」のですよ!(^^)!

人が何かに反応し感情を抱くのは自然なことで、負の感情になるのも自然なこと(^^♪

悪いことだと自分を落としこまず、自分の現状を、固定して周囲に目をむけていけば大丈夫!

そんな自分を無理になんとかするのでなく、周りを気にせず、もっと気持ちを軽く、楽しんでくださいね。

私は駄目じゃない!この私で良いのですよ(^^)/